企業実務オンライン > ビジネス > 話材 > 親しい人への感謝ではなかった? 「中元」のしきたり

今週の話材「お中元」

親しい人への感謝ではなかった? 「中元」のしきたり

[ 古川愛哲<ふるかわ・あいてつ>(フリーライター)]

毎年、夏の賞与が支給される頃になると、いよいよ百貨店などの「お中元」商戦が本格化してくる。「日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて」品物を贈るという習慣だが、じつは誤解があるようで…。

親しい人への感謝ではなかった?「中元」のしきたり

“半年生き延びた”ことを盛大に祝った江戸城の「中元」

 現代では「中元」というよりも「お中元」といったほうがピンとくるだろう。日本では、夏の挨拶を兼ねて、お世話になっている人に「お中元」を贈る習慣がある。

 そもそも「中元」は7月15日のこと。「中」というからには、「上元」も「下元」もある。

 「上元」は1月15日で「下元」は10月15日。3つ合わせて「三元節」と呼ばれたが、江戸期には夏の「中元」が、盛大に祝われるようになった。

 この日は江戸城の祝宴の日として、各大名と旗本が登城して「中元」を祝して、宴会を開いた。その意味は、

「無事に半年生き延びることができました」

 というもので、今では想像もつかないかもしれないが、半年生きるのを祝うほどの苛酷さが当時はあった。

 もちろん中元の祝宴は、明治維新で幕府が消滅するとともになくなる。それでも同じ心を込めて、祝宴のかわりに贈答品を贈りあった。

 お中元の贈答が一般に広まったのは、明治30年代に百貨店が「お中元」大売り出しをしたのがきっかけといわれる。一部で行われていた中元の贈答習慣に、“夏枯れ”に悩む百貨店が目をつけたものだろう。

 お中元の贈答品といえば、今でも冷たいビールや飲み物、食品等が多い。これもかつて江戸城で祝宴を開いた名残かもしれない。

なぜ進物に熨斗(のし)をつけるのか

 ところで、お中元用の品物を買うと、「お熨斗(のし)はどうされますか?」と聞かれる。この「熨斗」についても、いまでは誤用のほうがまかり通っているようだ。
 「熨斗」のことを「水引が印刷された白い紙」(掛紙)だと思っている人も多いに違いない。

 「熨斗」は、いまやすっかり簡略化されて、白い紙の上に紅白で細長い六角形の短冊が印刷されていたりする。結婚式の祝儀袋となるともう少し丁寧で、熨斗の部分を折り紙の細工のようにしたものが貼り付けてある。
 これが「熨斗」で、もはや丁寧な贈り物の印ぐらいにしか思われていない。

 熨斗が印刷されたものを見ると、だいたい右上の位置に、控えめに鎮座していることが多い。しかし、これも正しくない。

 江戸時代であれば、そんな位置に熨斗を付けて目上の人へ贈ろうものなら、大恥をかくか、烈火のごとく相手を怒らせたに違いない。

 古くからのしきたりでは「熨斗」を付ける位置が決まっている。目上の人には進上物の真ん中に、目下の人には右に付けることになっている。

 よくある「右上」に熨斗を印刷した掛紙は目下への進物の位置に近く、もともとしきたりにはなかったものだ。

熨斗の形が意味するところ

 そもそも「熨斗」は、鮑(あわび)を伸ばしたものなので、あのような複雑な形をしている。

 鮑を干して、平たく伸ばしたものを「打鮑(うちあわび)」または「長のし」(長伸の意)」といい、これを細かく刻んで、水につけて柔らかに蒸して食べると、精を増し、命を伸ばすといわれた。
 古代から朝廷は、この鮑を貢ぎ物にする荘園を各地に設けたくらいである。

 室町時代頃から、進物には「のし鮑」を紙に包んで添えるのが習慣となり、江戸時代まで、魚から花や品物まですべて贈り物には、「のし鮑」を付けたのではなく、のし鮑の包み方で包んだ。
 具体的には、紙で「熨斗」のような鮑の形に包んだ。紙で下部のみを包み、水引で縛る。

 その包み紙の折り方を略したものが、今日の「熨斗」の形だ。赤い部分は「のし鮑」をあらわし、白い部分が包み紙である。それで紅白の形になっているが、あくまでも略式の形。

 正式な包み方は、三角形の複雑な襞を作る。その形から類推するに、女性の多産にあやかり、慶事が続くことを祈って贈り物に添えたのであろう。

 ところで近代化を急いだ明治政府は、外国の目を気にして、それまでのしきたりを棄てたり、変更したりした。熨斗など、その典型であろう。のし鮑の包み方が、外国人には猥褻に見えるとでも思ったにちがいない。

 日本の伝統といっても、古いしきたりを壊したものもある。伝統的しきたりを壊すのも、日本人のしきたりの一部である。

▼「今週の話材」
著者 : 古川愛哲<ふるかわ・あいてつ>(フリーライター) 1949年、神奈川県に生まれる。日本大学芸術学部映画学科で映画理論を専攻。放送作家を経て、『やじうま大百科』(角川文庫)で雑学家に。「万年書生」と称し、東西の歴史や民俗学をはじめとする人文科学から科学技術史まで、幅広い好奇心を持ちながら「人間とは何か」を追求。著書に『「散歩学」のすすめ』(中公新書クラレ)、『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実』(講談社プラスα新書)などがある。
月刊企業実務購読のご案内

最大8%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。