企業実務オンライン > ビジネス > 話材 > 君子危うきに近寄らず! 知っておきたい山のなかの「危険な地名」

今週の話材「登山」

君子危うきに近寄らず! 知っておきたい山のなかの「危険な地名」

[ 古川愛哲<ふるかわ・あいてつ>(フリーライター)]

登山に危険はつきものだが、中高年ともなればそのリスクも増す。玄関を出るとき、いつも無愛想な嫁がにっこり笑ったりするのも、そのせいかも知れない。遭難でもすれば家一軒分の捜索費用がかかったりすることも知らないで…。

君子危うきに近寄らず! 知っておきたい山のなかの「危険な地名」

雨が降ると危ない「林(ハヤシ=速し)」「抜(ヌケ)」

 しつこい残暑が終わり、涼しい秋風が吹き込むようになると、一気に秋が深まるのを感じる。各地から届く紅葉の便りに、「紅葉狩りがてら、ハイキングにでも行ってみるか」という気分になってくるご仁も多いのではなかろうか。

 最近は「山ガール」といわれる若い女性層の登山者も増えているが、それでも登山愛好者の中心は、やはり40代〜70代の中高年層だろう。

 登山に危険はつきものだが、中高年ともなれば体力・俊敏性に劣るので、遭難などのトラブルに巻き込まれる確率も高まる。
 平成28年6月に警察庁生活安全局地域課が発表した調査によると、平成27年中に山で遭難した人の51.4%が60歳以上で、亡くなったり行方不明になった人の9割は40歳以上の登山者だ。

 健康増進を狙った登山が冥土への旅になっては目も当てられぬ。そこで、体力不足は知恵で補うしかない。で、地図など見て、地名から危険な場所を避ける手である。もちろんこれは、ふだんの散歩でも応用できる。

 雨になると危険なのが付近に川のある「林」のつく地名で、「林」はハヤシ(速し)で、あっという間に豪雨などで急流となってしまう。たとえ川がなくても、その地名の場所は旧河川で、豪雨になるとたちまち川に戻る可能性がある。

 この地名に「抜(ヌケ)」の名前が散らばっていたら、大急ぎで離れたほうがよい。ヌケは「抜沢」「蛇抜沢」など各地にあるが、土地などが陥没するか、穴があくかする。
 「崩田」と書いて「ヌゲタ」と読ませるところもある。

 むろん山というのは、天候がよいからといって安全ではない。雨が山に染み込み、岩盤と表土の間にあるシルト(粘土)層を溶かしてしまうと、ある晴れた日に、突然、表土が滑り落ち、崖崩れや山崩れとなる。もとより、そんな経験をした場所は地名として残る。

 「杖」は各地にあり、「杖立」とか「杖突」などで、名僧などが杖を地中に立てたという伝説をともなったりする。「大杖」「明杖(あかつえ)」などもあり、「津江」と書いたりもする。ツエとは、ツエ(潰)で、かつて崩落した土地を意味する。
 ツエ(潰)を「ツユ」と読ませて、「露口」「近露」などもある。

 同じ意味で「久枝」もある。「クエ」と読むが、「崩れる」あるいは「土地が食われる」に由来した地名で、「久恵」「久江」「崩れ」などとも書く。これらの土地はすでに土砂崩れを経験した土地であり、再び起こる確率も高い。

険しい難所を表わす「ホケ」「ガレ」「ザレ」

 歩くのに気をつけなければならないのが、各地の「保木(ほき)」で、「ホケ」とか「ホッキ」とも読む。

 ホキとは古語で、「断崖の個所や山腹の険しいところ」を意味する。山歩きして滑落・転落の多い場所だが、漢字の字面だけではわからない。「保喜」「堀切」「房木」「宝城」「保下(ほげ)」「洞(ほき)」などの当て字がされている。もっとも有名な四国吉野川上流の「大歩危(おおぼけ)」「小歩危(こぼけ)」のように、見るからに歩くのが危なそうな漢字もある。

 中高年は近づくのも避けたほうがよいのが、「ガレ」「ザレ」「ゾレ」の地名。崩れやすい岩だらけの急斜面や断崖に使われる。登山家はガレ登りを楽しんだりするが、それは体力と注意力と危険がともなうので、スリルを味わうに過ぎない。

 ガレは「崩山」などと書かれるが、カレになって「涸沢」から、それを意訳して「水無沢」にしたり、カラになって「唐沢」、濁音で「柄沢」、さらにゴロに通じ、箱根山の「強羅(ゴウラ)」「五郎作山」「五郎沢」「号良沢」となると、いかにも字面だけ良い危険地帯である。

 「ザレ」は「大坐礼山」(四国別子銅山東南)、佐渡の「大ざれ川」、神奈川県津久井郡には「石砂山(いしざれ)」もある。ザレがサレになってサルに通じ、「猿走」「猿江」「猿ヶ野」も、崩れやすい地名である。

 もっとも、こんな地名を気にしていたら山などには入れない。危険な地名だからといって、いつも崩れているわけでもないし、地名はあくまでも地名で、それなりの注意さえ怠らなければ、千郷の心地を味わえるというものだ。

 中高年の登山は、地図で地名を調べ、ルートを設定し、体調を整え、天候を配慮し、これだけの計画を一覧表にすれば、山登りで若返りが可能。これぞ中高年におススメ「不老チャート」方式登山。確実に帰宅して、孫と笑顔と嫁の仏頂面を見ることができる。

 では、いってらっしゃい。

▼「今週の話材」
著者 : 古川愛哲<ふるかわ・あいてつ>(フリーライター) 1949年、神奈川県に生まれる。日本大学芸術学部映画学科で映画理論を専攻。放送作家を経て、『やじうま大百科』(角川文庫)で雑学家に。「万年書生」と称し、東西の歴史や民俗学をはじめとする人文科学から科学技術史まで、幅広い好奇心を持ちながら「人間とは何か」を追求。著書に『「散歩学」のすすめ』(中公新書クラレ)、『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実』(講談社プラスα新書)などがある。
月刊企業実務購読のご案内

最大8%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。