企業実務オンライン > ニュース > トピックス > 2015年8月号のオススメ記事

月刊「企業実務」商品情報

2015年8月号のオススメ記事

[ 月刊「企業実務」編集部 ]

1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”を貫く月刊「企業実務」は、事務部門の業務を全面的にバックアップ。仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けします。

今月号のオススメ記事

■特別記事

勘所を押さえて進める
賢い「税務調査」のさばきかた

 これから税務調査が本格化する時期です。最近のトレンドとスケジュールをふまえつつ、税務調査がある場合にいかに進めていけばよいのか。税務調査を行なっていた側の経験をもち、現在は企業側の立場で税務調査に臨む元国税調査官の税理士の解説からその対応のコツが読み取れると思います。

■経理・税務

税額控除制度の併用と限度超過額の繰越可否を検証する

 研究開発や設備投資等を促進するため、さまざまな税制上の優遇措置が設けられています。
 それらの中心的なものを取り上げ、複数の制度を併用できるのか、限度超過額は次の期まで持ち越したりできるのか、といったことについて考えます。

■人事・労務

「エルダー制度」を機能させるコツ

 先輩社員が新人を育てる担当となる、いわゆる「エルダー制度」を導入したものの、うまくいっていない会社は少なくないようです。制度を機能させるにはどのような指示を出し、サポートすればよいのかのポイントを解説します。

■総務・法務

中小企業向け<総合保険>活用のポイント

 中小企業が事業を継続するうえで様々なリスクに備えることが求められます。そうしたリスクを包括的にカバーするのが総合保険ですが、カバーする範囲が増えれば割高にもなりますし、すべてのリスクがカバーできるとも限りません。
 その利用のしかたと留意点をまとめました。

■新連載

いまどき「勘定科目」のあてはめかた・つくりかた

 新しく経理実務をはじめる人に向けての初級講座。昔は存在しなかったり、簿記の教科書をみても何で落とすか迷うような「現場レベルの勘定科目のとらえかたと設定のしかた」について、レクチャーしようという企画です。

▼関連ページ
月刊「企業実務」2015年8月号

月刊企業実務購読のご案内

最大8%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。