企業実務オンライン > ニュース > これからの法改正の動き > 「成年後見制度の利用促進」「ワインの表示見直し」「ロボットの活用促進」など―注目したい法改正の動向

注目したい法改正の動向

「成年後見制度の利用促進」「ワインの表示見直し」「ロボットの活用促進」など―注目したい法改正の動向

[ 2015年9月号 ]

「成年後見制度の利用促進」、「ワインの表示見直し」、「ロボットの活用促進」など、今後注目したい法改正の動向をまとめました。

wine

成年後見制度の利用促進

 政府は、成年後見制度 の普及を促進するための新法の制定をめざしています。
 〝成年後見制度利用促進法〞では、後見人による財産の不正流用を防ぐための監督強化措置、被後見人の権利制限の見直しなどが盛り込まれる予定です。

ワインの表示見直し

 「果実酒等の製法品質表示基準」が定められ、ワインについて、これまでより詳細な製法等の表示が義務づけられることが明らかになっています。

ロボットの活用促進

 公共インフラの点検にドローンや無人駆動ロボットの活用が期待されています。そのための電波法の見直しなどが検討されています。

性犯罪の厳罰化

 性犯罪の罰則に関する検討会が、性犯罪の厳罰化、非親告罪化を進めるべきとの意見が多数を占めている、という報告書をとりまとめています。

月刊企業実務購読のご案内

最大19%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。