企業実務オンライン > ニュース > これからの法改正の動き > 注目したい法改正の動向

注目したい法改正の動向

注目したい法改正の動向

[ 2019年5月号 月刊「企業実務」編集部 ]

car

ライドシェアの活用拡大に向け、制度見直しへ

 政府は、ドライバー不足などに悩む地域の足を確保するため、ライドシェア(自家用有償旅客運送)の活用拡大へ向けて道路運送法の改正を検討しています。

 その際、タクシー事業者等に運行管理を委託するなどの連携を図ることで、利用客にとっても安全・安心な交通サービスが受けられるとしています。

 ことし中にも改正案を取りまとめ、2020年の通常国会提出を目指します。

70歳超の年金支給額を試算へ

 厚生労働省はこのほど、ことし実施する「財政検証」で、厚生年金の加入年齢の上限を70歳以上に引き上げた場合など「オプション試算」と呼ばれる仮定条件を複数設定し、試算する案を示しました。

 現在では、65歳から1か月遅らせるごとに年金額が0.7%ずつ増えますが、この増額率を維持するか拡大するか、また上限を何歳とするかが検討されます。

 政府としては、2020年中にも年金関連法の改正案を国会に提出したい考えです。

運転2種免許の受験資格緩和へ

 警察庁は、バスやタクシーの運転に必要な第2種免許の受験資格を緩和する方向で検討に入りました。

 現在の受験資格には「普通免許保有3年以上」との規定がありますが、これを「1年以上」に短縮する意向です。

 また、「21歳以上」とされる年齢要件についても、今後、議論が行なわれる予定です。

 旅客業界の運転手不足を憂慮する警察庁としては、今年度中にも道路交通法の改正案をまとめ、2020年の通常国会に提出したい考えです。

月刊企業実務購読のご案内

最大19%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
【関連サービス】


新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。