企業実務オンライン > ニュース > これからの法改正の動き > ジョブ型正社員の雇用ルールを明確化

これからの法改正の動き

ジョブ型正社員の雇用ルールを明確化

[ 2019年8月号 月刊「企業実務」編集部 ]

work

 政府の諮問機関である規制改革推進会議はこのほど、ジョブ型正社員(職務、勤務地、労働時間等が限定された正社員)の雇用ルールについて答申しました。

 以下、その概要を紹介します。

基本的な考え方

 多様な働き方のニーズが高まる一方で、ジョブ型正社員の労働条件が曖昧なまま、というケースは少なくありません。そこで、安心して働けるルールづくりが求められます。 

 また、有期労働契約が更新されて通算5年を超えた労働者に対する無期転換ルールの周知徹底について措置を講じます。

実施事項

(1)ジョブ型正社員の雇用ルールを明確化

 厚生労働省は、「勤務地限定正社員」「職務限定正社員」等を導入する企業に対し、勤務地(転勤の有無を含む)、職務、勤務時間等の労働条件について、労働契約の締結時や変更の際に個々の労働者と事業者との間で書面(電子書面を含む)による確認が確実に行なわれるよう、以下のような方策について検討し、所用の措置を講じます。

①労働基準関係法令に規定する使用者による労働条件の明示事項について、勤務地変更(転勤)の有無や転勤の場合の条件が明示されるような方策

②労働基準法に規定する就業規則の記載内容について、労働者の勤務地の限定を行なう場合には、その旨が就業規則に記載されるような方策

③労働契約法に規定する労働契約の内容の確認について、職務や勤務地等の限定の内容について書面で確実に確認できるような方策

(2)無期転換ルールの調査

 厚生労働省は、無期転換ルールの適用状況について労働者や企業等へ調査するなどして、当該制度の実施状況を検証します。

(3)無期転換ルールの周知

 厚生労働省は、無期転換ルールの内容を企業が当該労働者に対して通知する方策を含め、労働者に対する制度周知のあり方について検討し、必要な措置を講じます。

 (1)については来年度中に検討を開始し、速やかに改正案をまとめる予定です。(2)(3)については、今年度中に調査を開始し、その結果を踏まえて検討を始めるとしています。

月刊企業実務購読のご案内

最大19%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
【関連サービス】


新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。