企業実務オンライン > 商品情報 > 「企業実務」今月号のオススメ > 2015年5月号のオススメ記事

月刊「企業実務」商品情報

2015年5月号のオススメ記事

[ 2015年5月号 ]

1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”を貫く月刊「企業実務」は、事務部門の業務を全面的にバックアップ。仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けします。

今月号のおすすめ記事

■特別記事

「企業実務」2015年5月号人手不足がますます深刻化
これからのパート・アルバイトの確保・活用 10の鉄則

 多くの業界から人手不足に困っているという声が聞こえてきます。パート・アルバイトも売り手市場で集めるのが大変になっており、これまでと同じように確保できる保証はありません。そこで、どうやってパート・アルバイトを確保・活用するか、押さえるべきポイントについて解説します。

■経理・税務

収益・費用の計上時期をめぐる経理処理の留意点

 商品や役務を提供した際、売上や費用をいつの時点で計上するかは迷うところです。本来計上すべき事業年度より前倒しや繰延べすると起こる「期ズレ」は税務調査でも注目される項目です。問題となるケースの具体例を挙げて、正しい処理のしかたをチェックします。

■人事・労務

定年後継続雇用にまつわる労働条件の決定とトラブル防止策

 高年齢者雇用安定法の改正で、企業は60歳以降も働きたいと希望する社員を原則、雇い続ける努力をしなければなりません。とはいえ定年年齢の引上げや定年の廃止はなかなかむずかしく、ほとんどの企業は継続雇用制度で対応しているのが実情のようです。その運用のポイントを解説します。

■総務・法務

役員の選任・終任・登記に関する実務知識Q&A

 3月決算企業の定時株主総会の開催時期を前に、中小企業の役員の選任・終任・登記の際に必要な知識と具体的な手続きについて、Q&A形式でまとめます。

■新連載

これで万全!「マイナンバー」対応ガイド

 法人や個人に共通の番号を付与して情報を一括管理する「マイナンバー制度」は企業の実務に大きな影響を与えるとみなされ、にわかに注目が集まっています。
 10月からのマイナンバーの通知開始を前に、いつまでに何をしなければならないのかについて、最新情報を盛り込みつつ解説します。

月刊企業実務購読のご案内

最大19%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
【関連サービス】


新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。