企業実務オンライン > ビジネス > 仕事を任せれば、部下は育つか?

やる気を育て、人を活かすマネジメント術 第4回

仕事を任せれば、部下は育つか?

[ 疋田 文明<ひきた・ふみあき>(経営ジャーナリスト・元気塾主宰)]

世間から名経営者と評価されるほどの人でも、こと後継者の育成に関しては失敗するケースが驚くほど多い。名経営者はなぜ名経営者を育てられないのか。部下を育てるにはどうすればいいのか——。人を育てる名人が語る「人材育成論」から考える。

やる気を育て、人を活かすマネジメント術 第4回

「適材など転がっているものではない」

 「人を活かし、育てる」には、どうすればいいのか。

 筆者は、阪急・東宝グループの創始者、小林一三の考えが参考になると考えている。

 適材を適所に置くということは口では簡単に言えるけれど、そんなに適材など転がっているものではない。責任を持たせて、どしどし仕事をさせることが一番だ。

 無理に尻ぺたを叩いて追い使う事だ。使い回すうちには、大概の若い人には何でも出来るようになるものと信じて、その主義を実行している。――略――どうも彼はあそこが悪いとか、彼には到底難しいとかいう風に考え出すと、いかなる人にでも欠点があるのであるから、ちょっと責任を持たせにくくなってくる。

 活かして人を使うとするならば、その人に責任を自覚させて重く用いるという事が、一番間違いない方法だと信じている

 小林は、阪急電鉄(創業時は、箕面電気軌道)を手始めに次々と会社を起こしたが、そのほとんどの後継社長に自ら育てた人材を登用した。後継者がいなくて苦労したことはないという。

 そんな小林の人材活用論だけに、大いに参考になると思うが、これをそのまま現在に応用することには無理がある。

 明治6年生まれの小林が活躍したのは大正初期から終戦直後までだ。小林の時代には、重い責任を自覚させて重用すれば、意気に感じて期待に応えてくれる人材が多々いたに違いない。

 しかし、いまは違う。うまく育ってくれればいいが、ほとんどは、期待の重みに耐えかねてつぶれるか、重用されたことで天狗になってしまうかのどちらかだろう。

「任せて、見守り、目標を達成すればほめる」

 では、どうすればいいのか。重用するばかりでは駄目で、見守ることが大事になってくる。

 サントリーのモットーは、「やってみなはれ」だが、中興の祖・佐治敬三は、幹部社員には、「やらせて、見てなはれ」と言っていたと聞く。

 「見守ってあげないと育たないようなひ弱な人材では困る」との声が聞こえてきそうだが、それが現実だと理解してほしい。

 いまは、学校でも家庭でも、きつく叱られた経験がなく、責任を問われることのない生活を送ってきた人間が圧倒的に多い。いくらでも新しい人材を採用できる企業ならいざ知らず、いまいる人間をなんとか育てたいと思うのなら、任せて見守ることを厭わないことだ。

 最後に、元日本IBM社長、北城恪太郎の次の言葉も紹介しておこう。

 「人材育成の第一歩は『権限移譲』…ベテラン社員には大きな権限を与え、新入社員には細かい指示を出しつつ小さな権限を与える。委譲してウォッチして必要に応じて助言を与え、目標を達成すればほめる

 小林、佐治、北城――日本を代表する名経営者の人材育成論は、見事なまでに一致している。ところが現実は、部下に仕事を任せられない経営幹部が圧倒的に多い

 この問題はどうすればクリアできるのか…その話は次回に。

▼連載「やる気を育て、人を活かすマネジメント術」
著者 : 疋田 文明<ひきた・ふみあき>(経営ジャーナリスト・元気塾主宰) 1950年奈良県に生まれる。企業経営者を対象とした各種セミナーの企画・運営会社、新しい経営者像の会(理事長・石山四郎)を経て、1979年に「竹村健一未来経営研究会」を企画設立し事務局長に就任。1986年に独立後はフリーランスのライターとして、企業経営、地域活性化の現場を歩き、取材を重ねる。現在は『元気塾』(経営者を対象)と『実践経営塾』(これから経営を担う人が対象)を主宰し、元気印の企業が増えることを願って活動中。
疋田文明Official Site
月刊企業実務購読のご案内

最大8%OFF!! Fujisan.co.jpでお得にお求めいただけます!

購読のご案内

月刊『企業実務』ご購読はこちら

関連記事

企業実務見本誌のご請求
新着記事
アクセスランキング
女性活躍推進特集
エヌ・ジェイ出版販売は、
Women Will の取り組みを応援しています。